私の行っているニキビケア方法

私の行っているニキビケア方法

私の行っているニキビケア方法

私はニキビケアのために、洗顔方法にはこだわるようにしています。

 

ニキビケアの効果

 

 

洗顔料を手で泡立てるのは時間が掛かりますし、

 

洗っているうちにすぐに泡がつぶれてしまうので、

 

必ず泡立てネットで泡立てるようにしています。

 

泡立てネットを使用すると、少量でもフワフワもこもこのきめ細かい泡が作れるので、

 

手で直接肌を擦ってしまうという心配がありません。

 

 

 

泡で優しく、肌をなでるように洗顔をすれば、

 

ニキビがつぶれてしまうということもなくなりますよね。

 

泡で洗顔した後は、しつこいくらいによくすすぐようにしています。

 

綺麗にすすげたと思っていても、実はまだ洗顔料の成分が肌に残っているということもありますから、

 

大体30回程度はすすぐようにしています。

 

洗顔料のすすぎ残しは、ニキビの原因にもなってしまいますから、

 

できるだけ丁寧に行うことを心がけています。

 

洗顔方法を改善するだけでも、ニキビ改善や予防に効果がありますが、

 

化粧水選びにも注意する必要がありますね。

 

私は脂性肌なので、オイルコントロールのできる化粧水を使用しています。

 

この化粧水を使用すると、肌のテカりが予防できるので、

 

皮脂による毛穴の詰まりを予防することができるのです。

 

ニキビケア方法にはたくさんのやり方がありますが、私にはこの方法が一番効果があります。

跡を残さないようにするためのニキビケア

 

ニキビが出来て一番困ってしまうのが顔に残ってしまうニキビ跡だったのですが、

 

一度出来てしまうと跡は中々消えてくれないので毎回ニキビが出来ると又ニキビ跡が

 

残ってしまうと不安な毎日を送っていたのです。

 

 

 

そこで何とか跡を残さないようにするためのニキビケアを始めてみたのですが、

 

これが結構効果があったので今ではニキビが出来ても跡を残さずに完治することが

 

出来るようになりました。

 

 

 

その方法なのですが、ニキビケアでとても大事なのが決してニキビを刺激しない事

 

なのです。

 

どうしても気になってしまい指で触ったり、芯を出してしまう事もあったのですが、

 

その結果がニキビ跡に繋がっていたのです。

 

 

 

まずニキビが出来てしまったらむやみに触らず洗顔と保湿を重点的に行います。

 

ニキビケア専用の洗顔料で綺麗に洗った後は清潔なタオルで肌の水分を拭き取ります。

 

 

 

その後余分な皮脂が出てこないようにしっかり保湿をしてあげる事がポイントなのですが、

 

クリームなどはニキビが大好きな油分を与える事にもなるので少し控える事も有効です。

 

 

 

これを数日繰り返す事で徐々にニキビも沈静化してくるのですが、ニキビが化膿してしまうと

 

跡になってしまう事もあるので、自分で判断が出来ない場合は皮膚科に行く事や正しいニキビケア

 

治療薬を使う事も大事です。

ニキビケアのための洗顔

 

ニキビケアを行う時、まず洗顔は重要になってきます。

 

正しい洗顔方法を実践することで、

 

ニキビができる原因を防ぐことができますので、洗顔方法の勉強を行っておくとよいでしょう。

 

 

 

洗顔をおこなうときには、

 

刺激の少ない洗顔料を充分に泡立てて使用していく必要があります。

 

充分に泡立てて使用することで、肌への摩擦も防ぐことができますので、

 

肌に炎症が起こってしまうのも防げるようになるのです。

 

 

 

洗顔料を泡立てる時、洗顔ネットを使用していきますが、

 

洗顔ネットを使う時には雑菌が繁殖しないように注意をする必要もあります。

 

特に、お風呂場に洗顔ネットを置いておくと、

 

高温多湿の環境下で雑菌が繁殖してしまいますので、

 

できるだけ乾いている場所に置いておくとよいでしょう。

 

 

 

また、ネットを使用した後には、十分に水気をきっておくことも大切になります。

 

水に濡れている状態で保管しておくことで、雑菌が繁殖してしまいますし、

 

カビなども発生しやすくなってしまいます。

 

カビの生えたネットを使い続けていれば、顔に雑菌を広げるだけになってしまいますので、

 

使用した後にはしっかりと水気を切っておくとよいです。

 

 

 

ニキビケアを行う時には、正しい洗顔方法とともに、洗顔ネットの管理にも気を配るとよいでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ